Blue-Handmade Soap

手作り石鹸の紹介と、在庫状況、イベント出店予定などを書いています☆
TOPスポンサー広告 ≫ パーム油を更に減らしていこうと思いますTOP手作り石鹸 ≫ パーム油を更に減らしていこうと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

パーム油を更に減らしていこうと思います

石鹸の材料に必ずと言ってよいぐらい、必要不可欠なパーム油。
どんな肌質にもあい、石鹸の固さを保ち、溶け崩れしにくい石鹸にしてくれます。
また、酸化しにくいので、保存しやすかったり、石鹸の酸化を防ぐ効果もあります。

でも、それだけ使いやすいパーム油だけに世界での需要がとても高くなり、その生産のため、不当な賃金で働かされる人が出てきたり、熱帯雨林を伐採してプランテーションを作られたり、その結果自然破壊だけではなく、野生の動物にも被害が起こっているのが事実です。

油自体はすごく良いもの。
だけど、それを使うことによって、環境が破壊されたり、野生動物や、人にまで被害が及ぶ・・・・。

かつて、私が気に入って使っていた某石鹸屋さんの石鹸は、使い心地もよく大好きだったのですが、原材料がパーム油100%だった・・・というのもあって、使うのをやめた、という経緯があります。

そして自分で作り始め、良くないかな、と思いながらも、少ない量にはしつつも使ってきました。

でも、やっぱり環境には深刻な問題を与えていることをこないだ改めて記事で読んで、やっぱりこのままでは良くない、と思い始めました。

なので、今後はもっと最大限までパーム油の使用を減らしてみようかと思います。


もしかするとものすごく溶けやすくなるかもしれない。
酸化しやすくなって、あまり保存できなくなるかもしれない。

だから、一気にゼロにはできないけど、少しずつでも減らして、できればパーム油を使わない石鹸を作りたいなと、考えています。


そんなこんなで、一昨日作った豆乳石鹸、パーム油の使用を少し、減らしました。
この石鹸が解禁になって、使えるようになるまでは、この比率で作り、使ってみて大丈夫そうなら、その次の石鹸では、また少しパーム油を減らし・・・・
と、ほんの少しずつしか変えられないし、使えるようになるまでタイムラグがあるのでスローペースになると思いますが、これから、そんな風に石鹸作っていきたいなと、思っています。

もちろん、どうにも溶けやすくて使いものにならない、お客様の不満の声が大きい、という状況になれば、改めて考えてみたいと思います。

ちなみに、パーム油と同じように、石鹸を溶けにくくしたり、型崩れしにくくしたりしてくれる油が他にもあって、それに一番近いのは、ラードです。
でも、ラード・・・。
できれば、すべて植物性のものにしたいという願望があるので、そこも、避けたいところです。

今日、カットした感じでは固さもあり、すごく良い仕上がりだと思います。
もっと、もっと減らせしても大丈夫そう☆
地球に、人に、環境に、負担をかけない石鹸作りを、もっともっと追及したいと思います。

豆乳石鹸カット中2
豆乳石鹸カット中1

****原材料****
米油(47%)、ココナッツ油(21%)、パーム油(14%)、ヘーゼルナッツ油(12%)、ホホバ油(3%)、カカオバター(3%)
苛性ソーダ、高島の湧水、高島産無農薬大豆で作った豆乳
エッセンシャルオイル(ベルガモット、ローズマリー、ラベンダー、ベンゾイン)
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

人気の日払い・短期アルバイト求人サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。